企業への薬剤師転職

企業の求人には何があるの?

企業への薬剤師転職

薬剤師の転職先としては比較的知名度の低い「企業」の求人ですが、CRC(治験コーディネーター)やMRニーズの高まりにより近年増加してきています。
薬剤師転職と住宅サポートの重要性

一口に「企業への転職」と言っても、このCRC(治験コーディネーター)とMRとでは業務内容が全く異なるものですので、職種として一緒に紹介する事は難しいですがどちらも中途採用での求人が盛んにされており、「薬剤師の転職先」としていまやマイナーな存在ではありませんね。

薬剤師による企業の転職で、やはり印象深いのは研究職ではないでしょうか。ですが、研究職を目指すのであれば博士課程を修める必要がある上に中途採用での転職となると狭き門である事は否めません。相応の知識、能力はもちろん、実績、また薬剤師としての自信も問われてきます。

ですが、研究職以外にも活躍の場は多く存在します。近年注目されるCRC(治験コーディネーター)やMRなどで企業への転職を成功させた薬剤師の方も大勢いらっしゃるのです。

CRC(治験コーディネーター)として働く薬剤師は、新薬の開発における治験の現場で活躍しています。治験とは、新しく開発されたお薬が人間に対し安全且つ効果的である事を調査するために行われる臨床実験で、CRC(治験コーディネーター)は、治験に参加する患者さん・医師・スタッフ・製薬会社 との間を取り持ちスムーズに治験が実施されるための大変重要な役割を担っています。

近年特に増えてきた求人ですので、キャリアが重視されるまでに至っておらず未経験者による転職も珍しくはありません。ですので、度重なる転職によっていまいちキャリアを積む事が出来ていないような薬剤師の方であっても比較的挑戦しやすい分野なのでは無いでしょうか。

また、MRとは「医薬情報担当者」とも呼ばれ、医療従事者(主に医師)に対して薬品の情報を提供すると同時に副作用の情報を収集するのが主な業務です。MRになるために、薬剤師の資格は必ずしも必要ではありませんが、薬剤師の持つ薬の知識はMRも業務に大変重宝されています。

病院への薬剤師転職

薬剤師の就職先として、調剤薬局に次いで印象強いのは「病院」ではないでしょうか。事実、現在活躍されている薬剤師の皆さんのうち五分の一は病院で勤務しています。病院での勤務ですので、他の就職先とは異なり残業や夜勤などといったデメリットもありますが収入面の安定や環境の良さから人気の高い就職先でもあります。

安定した収入で人気のある求人ではあるのですが、基本的に昇給や昇進は年功序列で行われています。転職に成功したから問いって、直に高収入を望める訳ではありません。

「収入アップを望んで転職したのに、思った様に昇給しない…。」といった転職後のミスマッチを防ぐためにも、エントリー前に多くの情報に目を通しておきましょう。

病院で勤務する訳ですので、医師がだした処方箋に従ってお薬を調剤・処方する事が業務内容となるわけですが、どうやら近年ではそれだけではないようです。薬剤師も医療チームの一因として医師や看護師とともにタッグを組み、より効率的な医療を目指しているケースが増えてきているのです。

つまり、今まで比較的「受け身」であった病院勤務の薬剤師の業務は、より積極的に医療に加わる事が求められるよう変わってきた訳ですね。この変化によって、病院で活躍する薬剤師に求められる能力や適正は以前とは異なってきました。

医師や看護師、患者さんとのコミニュケーションが不可欠な役割となりますので、今まで以上の対人スキルが求められているのと同時に患者さんの症状や薬の副作用などを把握し医師への助言を行える積極性も求められています。また、常に最新の知識や情報を収集し把握する能力も問われてくるでしょう。

病院への転職を希望されているのであれば、これらのポイントを理解し自信のアピールにうまく繋げて下さい。以前にも増して責任の大きい存在となった病院勤務の薬剤師という仕事は、薬剤師としてのキャリア構築はもちろん、大きなやりがいをもたらしてくれるでしょう。