パート薬剤師も活躍できる?

パート勤務の薬剤師も活躍してます!

パート薬剤師も活躍できる?

薬剤師の活躍の場は、病院や調剤薬局のみならず広範囲に渡る時代になってきました。薬を扱う専門職である薬剤師は、それぞれの病気に合わせた薬剤を調剤したり、化学薬品の有効成分が扱いやすくなるように調整したうえ必要な薬を作ったりします。

また、病気に罹患している人に服用する薬の飲み方や効き目、安全性、気をつけなければならないことを指導、もしくはアドバイスするという役目を負います。さらには、医薬品の管理、病気の人への提供や品質検査など薬全般を通して、健康に関することや病気の治療の一翼を担う大切な仕事を任されているのです。

私達の身のまわりをみて、「こんな所にも薬剤師っているんだ。」と思うことはありませんか?病院やその付近にある調剤薬局は言うまでもありませんね。製薬会社にも当然必要ですし、街の薬局、ドラッグストア、化粧品や食品の製造販売会社、消毒薬や農薬など化学薬品を扱う企業なども同様です。

さらには、厚生労働省や地方公共団体、学校、最近では介護の現場などで働く薬剤師も増えているのが現状です。そう考えてみると、人の健康や薬に関わる場所には薬剤師が活躍していることがよくわかると思います。

薬剤師が活躍できる業種や職種が多岐にわたるようになって、働き方もずいぶん変わってきたようです。これまでのように正社員としてだけではなく、契約社員、派遣社員、フリーランス、アルバイト(パート)など、それぞれのライフスタイルに応じた働き方が選択できるようになってきました。

薬剤師という国家資格を活かし、例えば短時間のパートといった雇用形態でも、なければならない存在としてその役割を果たせる世の中に変化しているのです。特に女性薬剤師は結婚や出産といったライフステージを経た後、家庭と仕事を両立させながら働きたいという人が増えています。

また、いずれは介護という問題にも直面するかもしれないことを踏まえ、パートやアルバイトといった働き方に人気が集まっているのです。正社員などより短い時間でも専門性と高い技術を活かすことができるうえ、専門職という立場から会社によっては時給2,000円以上という高時給も魅力のひとつといえます。できる範囲で、資格を活かして働きたいのなら、パートやアルバイトがおすすめかもしれません。

地方の薬剤師事情

現在、薬剤師のおかれている状況をご存知でしょうか。大学において次々に薬学部が新設され、特に私立大学の薬学部はこの数年間で倍増しているという現実があります。

ただ一方で、平成18年から薬学部での教育が4年制から6年制に変わり、この2年の間は新卒の薬剤師が輩出されないという事情から、今のところは多少不足気味とされているようです。ですが実情は少し違って、都心部においては病院や大手ドラッグストアの薬剤師の求人は減ってきているようです。

薬学部が増えるイコール薬学部の卒業生である薬剤師が増加することはいうまでもありません。大学の薬学部の定員をトータルしてみると、約9,000名から約14,000名に増えることが見込まれるため、薬剤師は余剰人員が増えるとされています。ということは、常識的に考えると一つの求人に対し多数の応募者が集まるという図式になるということにほかなりません。

圧倒的に人口が多い都心には、薬科大学や薬学部といった薬剤師を生み出す場が多く、卒業後そのまま都心で就職する人も多いため、薬剤師はどちらかというと過剰気味になります。

しかし、人材の潤沢さから職に就く難しさはあっても、利便性の良さや情報の多さ、活気・刺激にあふれ、働き方を色々選択できることなどを考えると都心で薬剤師の職に就くことは魅力的といえるのかも知れません。

医薬分業がかなり進んでいる昨今、新規調剤薬局の増設、OTC(Over The Counter Drug)やセルフメディケーションという考えから、特にドラッグストアでの薬剤師の必要性は高いものがあります。ただそれは、ごく限られた地域であると認識しておく必要があるのです。

では、地方はどうなのでしょう。医師、看護師とともに薬剤師もとても不足しているようです。人員が確保できずに閉鎖に追い込まれる地方病院もあり、過酷な負担がさらなる人手不足を生むといった悪循環から脱却できずにどんどん悪い方へ進んでいくという状況です。

都心に比べて薬科大学、薬学部のない地方では、当然薬剤師を生み出すことができません。輩出されないのですから絶対数が不足するのは明白といえますね。

そこで地方の薬剤師の求人には高収入での募集という事態が発生しているのです。過疎といわれる地域の新規調剤薬局の求人では、年収1,000万円とか月給80万円など普通では考えられない条件が出ている場合もあります。

厳しい現実と向き合わなければならない地域医療の現場でしょうが、そこに生きがいをみつけようとか、収入を重視する人には考える価値があるのではないでしょうか。薬剤師転職・求人支援のサイトを賢く利用すれば、そのような求人に出会えるかもしれません。