薬剤師の在宅勤務はある?

子育て中の方、在宅勤務について検討してみてはどうでしょうか

薬剤師の在宅勤務はある?

薬剤師が働く職場といえば、基本的には病院や調剤薬局、ドラッグストア、企業などですよね。 ですが、子どもが小さいなどの理由からなかなか外で働くことができず、薬剤師としての資格を活かせない方もいるようです。

そういった方は在宅勤務について検討してみてはどうでしょうか。 求人数は多いわけではないのですが、ごくまれに在宅の求人が出ていることがあります。

具体的な仕事内容は、医師や消費者から寄せられる医薬品に関する質問メールに答えたり、海外で発表された医薬品関係の最新情報などを訳す業務などがあるようです。

薬剤師は女性が多い職業ですが、女性といえば、結婚や出産を機に職場を離れてしまう機会も多いですよね。 すぐに職場復帰できれば良いのですが、ブランクが長くなってしまうとなかなか就職できる職場が見つからなかったり、知識や体力が追いついていかないことも考えられます。

在宅の仕事は外に働きに行けない時でも行えるため、子育て中の方でも挑戦できるでしょう。

薬剤師が働ける職場はたくさんありますが、薬剤師の在宅求人が出やすい職場といえば製薬会社や医療関連のメーカーです。 こういったところが自社製品に対してメールで問い合わせが来た際にすぐに返信ができるスタッフを求めています。

現場で働いているスタッフに対してこのような仕事をお願いしているケースもあるのですが、在宅スタッフに依頼できれば現場で働いているスタッフは現場の仕事ができますよね。

また、忙しい医師ばかりがそろっている病院などでは最新の医療情報や論文に目を通す時間がなかなか取れません。 そういった際に、情報がわかりやすくまとめてくれる在宅スタッフが求められています。

基本的に仕事のやりとりはメールを通じて行う形になるでしょう。 具体的な仕事内容や仕事量などはどういった仕事を受けるかによって全く違ってくるので、よく確認した上で引き受けるようにしなければなりません。

安心して仕事をするためにも信頼できる企業機関を探すことが重要です。